実務教育出版様の新刊単行本です。

 

以下、本の内容紹介より引用、

面接官&受験者&採用・キャリアの専門家である著者が、
多角的な視点と経験に基づき丁寧に解説、
面接官とのコミュニケーションのコツを伝授します。
「面接は苦手…」と不安を抱える人に、自信と勇気を与える一冊です!

 

国家公務員と国立大学法人の人事・採用担当を15年務めた私が思うこと。
多くの受験者が行っている面接対策には、大きな誤解があるのです。
模範回答の丸暗記も、目立とうとする無理なアピールもやめましょう。
「自分の部下にしたい」「職場にフィットして活躍してくれそう」と
面接官に思わせるコミュニケーションの基本を、シンプルにお教えします。
面接が不安な地味キャラのあなたも、きっと自信がつくはずです。

 

【たとえばこんな点を解説……】
●面接カードの項目を「三大質問(ガクチカ・自己PR・志望動機)」に分類して考える
●15の典型質問について「面接官の本音=実はこれが知りたい」を分析
●ありがちな普通のネタを「グッと伝わる」回答に展開するコツ
●「スペック」「コミュ力」「メンタル」に自信がない人はどうすればよい?
●「リセット方式」「プレゼン面接」「官庁訪問」「集団討論」などへの備えは?

ここまで。

 

昨年(発刊は今年)お仕事させていただいた『大事なことだけシンプル面接術 2021年度版』
年度版ということもあり、この書籍、装丁イメージの浸透を狙い
2022年度版はデザインに関して、装画そのままで
地色、帯(にあたる箇所)の大キャッチなどなどに変化をつけてあります。

 

今回、
 
地色:赤
 
にしてあります。2021年度版が青でしたので、
ガラッと変わった感。を醸し出しております^ ^

 

装画担当:大野文彰さんにも、その旨をお伝えして
彩色していただいてあるため違和感なく、
むしろ2022年度版の方がしっくりきているんじゃないか。
そんな印象もあります^ ^

 

キャッチ文にもあるように、
with/afterコロナの面接回答例もしっかりフォローされております。
 
受験者が捉えている面接対策と
採用担当者とのギャップを埋めてくれる一冊!

になっております。どうぞ宜しくお願いいたします。
 

2021年1月18日頃発売
装丁・本文デザイン担当